生協小野田診療所

山陽小野田市 医療生活協同組合 健文会 生協小野田診療所

HOME»  <歯科>保険外診療

<歯科>保険外診療

インプラント

入れ歯やブリッジでは「合わない」「恥ずかしい」「気になる」という方にはインプラント治療をおすすめします。
インプラント治療とは、歯を失ってしまった部分にチタン製の人工歯根を植え、それを土台に人工の歯を入れる治療法です。
この治療により「歯のある生活」を取り戻すことができます。

 

インプラント

 

冠(かぶせ物)

むし歯が進行してしまい、歯を削って治療しなければならない場合があります。
そして、インレーや冠をかぶせます。歯の欠損が大きい場合、冠をかぶせるための土台(コア)を作ります。土台となる歯(支台歯形成)を作ったら、歯形を取り、歯形にあった冠を作成し、支台歯にかぶせれば治療完了です。

冠(クラウン)には、金合金や銀合金といった金属製のモノ(①)と、歯の色に近い陶材のモノやセラミックス材のモノ(②)があります。

 

冠(かぶせ物)

 

冠(かぶせ物)

 

金属床義歯

自費での診療となりますが、違和感がほとんどなく、レジンよりも薄い金属製の素材で歯肉に触れる部分ができています。
薄さと強度を併せ持ち、床などに落としてしまっても、割れたりする心配がなく、熱伝導率が高いので、食べ物の温度が感じやすく美味しく食事を摂ることができます。

 

金属床義歯

 

ノンクラスプ義歯

どうしても保険診療で部分義歯をすると、バネや留め具などの金属があるので、見た目があまりよくないことを気になさる患者様も多いです。
しかし、ノンクラスプ義歯はプラスチック製の義歯を支える部品を使うため、見た目がきれいで、金属製の金具も目に入らず、義歯床という義歯の支えとなる部分が歯肉とどうかするため、外からは入れ歯だと気が付きにくいのが特徴です。

 

ノンクラスプ義歯